酵素を効果的にとるには?

酵素を効果的にとるにはどうしたらいいのでしょう?
特に豊富な酵素を含んでいる野菜は、大根、キャベツ、やまいもなどです。
しかし生で食べないと意味がありません。

食物の酵素とは、約50℃以上の熱を加えてしまうと働きをストップしてししまいます。生で食べる以外はNGです。
酵素は時間が経つにつれて、少なくなっていきます。包丁で切ったり、すりおろすと、細胞の断面から少しずつ酵素が減ってしまいます。
新鮮な野菜を、より、生に近い状態で食べる事が大切です。
簡単でたくさん酵素が摂れるメニューは、サラダ、酢の物、浅漬けやナムルです。
ポテトサラダでも生のきゅうりや玉ねぎなど入れると良いですし、薬味も生ですので、酵素が取れます。包丁で切ってしまうと、酵素が減ってしまうので、そのまま食べる、プチトマトやベビーリーフ、貝割れ大根、スプラウトなどが使いやすいです。

おすすめなのは、ブロッコリースプラウトです。これは、ブロッコリーの新芽なのですが、デトックス効果が非常に高いと言われています。ガン予防に役立つという研究結果もあります。
1パック約100円とお手軽なので、是非試して見てください。
果物も、そのまま食べるのが一番です。
果物の中でも、酵素を多く含むのはバナナ、パパイヤ、キウイ、パイナップル、りんごなどです。
果物も新鮮なものを、そのまま切って食べるのが酵素を効果的に取り入れる事が出来ます。酵素は加熱しない、生のまま食べること、細かく切ったりすりおろしたりしないで、食べる事が効果的に酵素を取り入れる事が出来ます。